FXをはじめたい!

移動平均線を使ったトレード手法

ecd1cd298cd3f810b4b0b7676ad031bb_s

移動平均線を使ったトレード手法は大変便利で、トレンドラインを読むためにもトレーダーは当たり前のように使っています。

チャートパターンやローソク足パターンなどを読み、テクニカル指標として大変重宝するツールです。
短期も長期も相場を読むために活用することができます。

特にFX初心者の方でも取り入れやすいツールで分かりやすいものなので、まずは移動平均線の使い方から覚えると取引もしやすくなるでしょう。Roblox HackBigo Live Beans HackYUGIOH DUEL LINKS HACKPokemon Duel HackRoblox HackPixel Gun 3d HackGrowtopia HackClash Royale Hackmy cafe recipes stories hackMobile Legends HackMobile Strike Hack

 

 

移動平均線
移動平均線とは、ある一定期間の終値の平均値を線で結んだものです。
その平均値により名前が異なり、5日間の平均値であれば5日移動平均線、25日であれば25日移動平均線、75日であれば75日移動平均線と呼びます。
平均値を表したものなので、大きなトレンドをつかみやすくなります。

日足チャートの場合は、5日移動平均線、10日移動平均線、25日移動平均線などが多く使われています。
ローソク足に比べトレンドが分かりやすいですが、リアルタイムな為替の動きや急激な為替変動にはついていくことができません。
トレンドラインと同じように移動平均線を上値抵抗線、下値支持線として使ったりします。

 

 

上値抵抗線での押し目買い
上昇トレンドの中、ローソク足が移動平均線の上にある場合は、移動平均線を上値抵抗線として使用します。
上値抵抗線へ向けて下がってきた場合、抵抗線部分で再度上昇します。そこを狙って買いポジションを保持することが押し目買いです。

 

 

下値支持線での戻り売り
上値抵抗線の押し目買い同様、移動平均線を下値支持線にし、上昇していきて支持線ラインまだえきたら下降する可能性が高いため、戻り売りします。

ローソク足が移動平均線より上であれば買い、下であれば売ります。

一般的にローソク足が移動平均線より上にあえば上昇トレンドで買い、移動平均線より下にあれば、下降トレンドで売りをすることが多いです。
しかしこの際、気をつけないといけないのは、移動平均線の向きです。

上昇トレンド中であれば、移動平均線の向きが上向きであればそのトレンドも強く、下向きであればトレンドも弱いです。

下降トレンドの場合は、下向きであれば強く、上向きあれば弱い、という表れでもあります。
移動平均線とローソク足の位置、移動平均線の向きを見て取引の判断をすることもできます。

 

 

ローソク足と移動平均線の位置関係を見る
為替の値動きが激しい時に、ローソク足と移動平均線の位置が大きく離れることがあります。
大きく離れた場合は一方への力が強すぎる時です。

上昇トレンドの中、ローソク足と移動平均線が大きく離れた場合は買いの力が強いということになります。
そうすると、必ず、ローソク足と移動平均線は近付きますので、次に売りの力が働くことが予想されます。

逆も然りで、下降トレンドの際にローソク足と移動平均線が離れることは売りの力が強いことです。
こちらも離れローソク足と移動平均線は近付いていきますので、買いの力が働くことが予想されます。

つまりローソク足と移動平均線の位置関係を見た場合に大きく乖離したいたら、トレンドが変わる可能性があるということです。

トレンドは上昇するときも下降するときも上げ下げしながら動きます。
このタイミングを狙って取引をすることができます。

 

 

移動平均線はあくまでツールの1つ
移動平均線を使ったトレード方法は、FX投資初心者でも使うことができます。

分足だけでなく日足や週足など、短期足でも長期足でも関係なく使えますので、自分なりにトレンドラインを引いてみましょう。そうすることで、チャート分析ができるようになっていきます。

また、雲のようなものが表示される一目均衡表、やGMMAチャートなどいろいろなツールがあるので覚えていくと良いでしょう。

今回は基礎中の基礎部分が中心ですが、他にもゴールデンクロスやデッドクロスと言われるタイミングなどもあります。

移動平均線1つとっても様々な手法やトレンドの見方があり、非常に奥が深いです。

FXをはじめたい! © 2013. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.