FXをはじめたい!

1日で利益を上げる!FXデイトレードでの稼ぎ方

デイトレードとは、どんなトレード方法?

FXでは24時間相場が動いているので、投資家として資産運用する場合に、どのタイミングで取引をすればいいのか分からないかも知れません。その中で、初心者の方が一番取り組みやすいトレード手法がデイトレードです。

デイトレードとは、1日の中で数回取引をして、利益を上げる投資方法です。
1日中チャートを見ていなくてもいいのでFX歴の短いFX初心者の人や兼業投資家の人に向いている方法です。また、数日間で取引を終わらせる方法をスイングトレードと呼びます。

数分のうちに決済してしまうスキャルピングと比較して、このデイトレのメリットは、次の日にポジションを持ち越さないので、寝ている間に相場が大きく動いてしまった時のリスクを無くす事が出来るという点と、1日の中で数回エントリーするタイミングがあるので、しっかりと考えてから行動出来るというメリットがある投資法です。

このように、デイトレードはリスクを減らしつつ、ゆっくりと考えてトレードを行う事が出来るので、投資初心者の方に向いているトレード方法だと言えるでしょう。

デイトレードの練習をする??

デイトレードを行うために欠かせない技術があります。その方法はテクニカル分析と呼ばれる手法です。この方法はチャートと呼ばれるグラフに描かれた過去の値動きを検証して、現在の価格が安いのか?高いのか?の状態を予測する手法です。

テクニカル分析は、FX初心者の方には少しハードルが高く感じてしまうかも知れませんが、パターンを覚えてしまうと値動きの予想がしやすくなります。

そのために、いきなり自分のお金を使って取引する事も可能ですが、デモトレードと言って、架空のお金を使って取引をして練習する事が可能です。そうすれば慣れるまで自分のお金を守りながらスキルを上げていく事が出来るので、まずはデモトレードからスタートさせましょう。
このデモトレードはFX会社に口座を開いていれば取引が可能ですし、口座を開いていなくても、会社に簡単な情報を登録するだけで取引が可能です。

つまり、デイトレードを行うためには、テクニカル分析を理解する必要があるのですが、その練習のためにデモトレードという方法があります。自分のお金を使わずに練習出来るので、是非積極的に活用してみて下さい。

また、最初にトレーダーとして投資をする場合は、ドルや円などの値動きが激しくない通貨を選んだ方がスプレッドと呼ばれる手数料が少なくて済みますし、情報量が多いのでオススメです。

デイトレードで勝つために必要な事とは?

FXトレーダーとして利益を上げるには、重要な事があります。それは、テクニカル指標を使いこなせるようになることです。
このテクニカル指標を使って売買していくのですが指標には様々なものがあり、それぞれ難易度が違うので、まずは簡単な移動平均線について覚えましょう。

移動平均線は過去の値動きの平均値なので、移動平均線より上にローソク足があれば上昇していく可能性が高いですし、下にあれば下落していく可能性が高いです。
そこで、移動平均線より上の時は買いから入り、逆の場合は売りから入ります。そして、移動平均線を割った時は損切りをするという手法を行えば大きな損失を出さずに利益を積み上げる事が可能です。

このトレンドに沿ったトレードを行う手法を順張りといい、初心者でも非常に取り組みやすい手法です。
逆に底値で買って高値で売る場合にはトレンドに逆らう逆張りという手法もありますが、リスクの高い手法なので、FX取引に慣れてきてから取り組むようにしましょう。

このほかにも、一目均衡表やRSI、ボリンジャーバンドなどのテクニカル指標もあります。これらの指標を使った方がさらに利益を上げられる可能性が上がりますが、ある程度経験を積んでからでも遅くありません。

このようにチャート分析の方法には色々な方法がありますが、まずは一番簡単で利益を上げやすい移動平均線を中心としたトレンドフォロー型の投資スタイルを身につけましょう。
逆に最初から多くの指標に取り組んでしまうと、エントリーするタイミングが多くなりすぎてしまい、難しくなってしまいます。そこで、最初はシンプルな手法から取り組みましょう。

デイトレードで利益を上げるためには、テクニカル指標を使いこなせるようになることが大切です。移動平均線は比較的簡単にマスター出来る指標なので積極的に活用してみましょう。さらに、トレンドフォロー型の取引を行う事で、損切りをするリスクを減らすことが出来ます。まずは負けないトレードをする形を作りましょう。

FXをはじめたい! © 2012. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.