FXをはじめたい!

FXと円高円安の関係

<p Bay 11 review http://allweednews.com/18-of-weed-in-grams-do-you-know-how-much-is-it/ ����������� ������.

投資が経済状況と関係するとよく耳にしますし、実際新聞やニュースでも投資家に向けての経済状況の発信も毎日頻繁に行われていますよね。
FX投資の場合はどうでしょうか。
円高や円安はどのようにFXと関係しているのでしょう。

 

日本経済と円高円安
外需に支えられている日本経済では、円高になると輸出減の影響が大きく現れる一方で貿易輸入黒字は増加します。
ところが、上場企業においては為替差損をこうむる業種が多く株価下落などの要因となり、日本経済を冷え込ませてしまうことになります。
円高になると日本経済の成長率を下げることになる・・・と見られるため、株価が下落してしまう現象が起こってしまうのですね。
実際円高であろうが円安であろうが過剰であるとマイナスになってしまうことは間違いありませんが。

株式投資をしているとこのように円安や円高が日本経済に与える影響を著しく受けるために、市場の動向から目を離すことができません。
ただFXのように為替相場の動向だけで投資したお金が増減する取引であれば、経済の状況に振り回されることが無いのです。
数ある通貨の中には、南アフリカランドドルやエストニアクローン、クェートディナール、カタールリヤルなど、一般には馴染みのない国や、下手をすると聞いたこともない貨幣も多いです。
日本国内ならまだしもこれらの海外の経済状況を気にしながらトレードをするというのは想像もできないですし大きな負担になってしまうでしょうから、海を越えるトレードの分析が為替相場の動向のみというのは大きなポイントになります。

 

貨幣価値
円高、円安の為替レートの差を利用して利益を上げるのがFXです。
為替レートは刻々と変わるものであり、円の値段もどんどん変化していきます。
円と比較する貨幣によっても貨幣価値の変動も多様に変化するので、選択する外貨も非常に重要です。
たとえば、円と米ドルの関係をみてみると両通貨はシーソーのようにその価値が高くなったり低くなったりを繰り返しています。
また売買する上での通貨ペアで円を使わなければ円高円安の影響を受けることはかなり少なくなりますよね。

 

為替差益
相場が動くことを予想して通貨を買ったり売ったりし差額で利益を得るのがFXの代表的な方法ですが、
為替差益には、「安く買って高く売る方法」と「高く売って安く買う方法」があります。
FXの為替差益で利益を得る方法としてはどちらも結果は同じで、買いと売りの両方から入れるので、相場が円高に動いても円安に動いても利益を狙うことができるのです。
取引をしている状態のことをポジションと呼ぶため、買いから入ったときを買いポジションまたはロング、売りから入ったときを売りポジションまたはショートと呼んだりします。

「売りから入れると言っても、豪ドルなんて持ってない。持ってないものは売れないじゃないか。」
とよく思われがちですが、FX会社を通すことで実際に外貨を持っていなくても売りから入ることが可能になります。

相場動向にあわせて自由にトレードができるということですね。

ただし、もちろん注意するべきなのは損失が出る可能性もあるということ。
入り方や通貨ペアを変えればいい話なので円高円安ともに変わらず儲けられる可能性がありますが、それには相場をよむ力というものがもっともFXにおいて重要となるのです。
相場動向を冷静に判断する力をつけることがFX成功の秘訣と言えます。

FXをはじめたい! © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.