FXをはじめたい!

デイトレードのコツ

<p strain Jack Skellington strain Jack Skellington http://weedinfocus.com.

スマホでも簡単にFXができるとあって、自分にもチャンス到来とばかりにFXを始めてみました。
当初はFXっていうとチャートを常にチェックしておく必要があるものだとばかり思っていたのですが、
インターネット環境の普及などFXがわりと一般的な投資として広がっていたことと、さらには折からの円安トレンドもFXを始めるには絶好の機会だとおもえたので、それならやってみようという気になったのです。
ただFXはハイリスクハイリターンを狙った投資ができるということが魅力的な部分でもありますが、そういった取引はともすれば大きな損失を生むこともあるだけに、やはりいざ始めるとなると恐いなと思い始めてしまったり…
チャートの読みや憶測を間違えてしまうと人生すら破綻するほどの損失を生む、なんていうリスクも潜んでいると耳にしたので始める前に色々下調べをし情報を集めて、
結果デイトレードがFX初心者向きのトレード方法らしいということがわかったので、まずデイトレから手を付けてみることにしました。
以下では、料率を上げるためにゲーム感覚でデイトレードを身に付けることができるバーチャル体験です。デイトレードの基礎・入門も載っていますので初心者は必見です。
=======================================================================
運営 :トレダビ
ページ:
概要 :デイトレードを始める前に/トレードする銘柄の選定の仕方/買いのルール
    利益確定のルール/銘柄によって値動きに癖がある
=======================================================================

 

初心者向けの理由
なぜデイトレが色んなところで投資初心者向けだと言われているのかというと、
FX取引のなかでもデイトレードは原則的に短い時間で小さな利益を積み重ねる投資法となるので
上手くリスクコントロールしていけば損失を少なく抑えつつ利益を得ることを目指せる!のですね。
短期売買とはいえポジションを持っている時間(投資時間)がスキャルピングに比べると短すぎず、投資コストも大きすぎず小さすぎないことからいわゆる入門として扱われることが多く、FXトレードで一番投資人口が多い手法でもあります。
デイトレードで着実に利益を積み重ねるには、リスクコントロールが最大の鍵ということですね。

 

チャートを読む
勝てる銘柄しか手を出さないようにすること、チャートの読み方を覚えることがデイトレを始めるにあたっておさえておきたいポイントです。
ローソク足はデイトレでは主に5分足チャートなど短い足で見ていくことになりますが、1時間足、日足も当然見ていくことになりますからいずれスイングトレードなど他の取引手法を考えている人は前段階としてステップアップにつなげられますね。
値動きの中で注文するタイミングを掴んでいくことになりますが、注文の条件はチャート分析などを参考に自分で決めていかなければなりません。
資金を守るためにもこの条件を貫き通すというのがとても重要で、多少の損失は覚悟で自分で決めた分析通りのトレードを心掛けましょう。
特に損切りラインを変更することや、損失をいかにフォローするかという思考でトレードを続けていくことは、実は大きな負け取引につながることになってしまいます。

 

危機管理
そもそも投資、FXを始める目的が資産を増やすことであるならば、大きなリスクを伴う取引は避けるべきです。
資産運用の方法としてFXを選択するのであるなら、着実にコツコツと利益を増やしていくことが鉄則であり利益を前に我を忘れないことがとても重要になってきます。
頭では分かっていてもこれが意外と多くのトレーダーにとって難しく、最初は当然損失が出る恐怖心がありますから大きな取引もせず回数も多くはないでしょうが、デイトレードはその場の状況に影響を受け一喜一憂してしまう場面も多いため、慣れてきたとしても常に冷静な判断が必要になります。

先程もいった様にFXの短期取引において勝ち続けるためにはリスク管理(リスクコントロール)が必要です。
リスクコントロールというと、いわゆるレバレッジのかけ方が重要なポイントになりますが、さらには損切りや利食いのタイミングの計り方というのも非常に大切です。
つまり、大きな損失にならないために作られているシステムをきちんと利用しリスクをコントロールするセンスを持つことが、利益に繋がりFXにおいては勝敗を分けると言えるのです。
損失が膨らまないようにすることより結果的に利益を確保することができれば利益がでたということになりますから、途中で損失が出たとしてもめげずに利益を追求し続けることが大切ですね。

 

ロスカット
なんといっても損切り(ロスカット)が利益の鍵!
まずは損きりのコツを抑えておけば、利益をムダに失うなんてことも防げるのです。
とはいうものの実際は、損切りのタイミングとなると切羽詰った状況と合い重なって「とり戻せるかも・・・」というような余計な期待感が邪魔をし判断を鈍らせてしまったりするのです。
時としてFXで精神論が重視されることがありますが、これこそが理由なのですね!
デイトレードではついつい取引きにのめりこみ長時間トレードを繰り返してしまいます。
これがいわゆる「ポジポジ病」を引き起こす原因になっていく…なんてのはとてもよくあるパターンで、
調子のいい時はそれでも利益を出せているので問題は無いのですが、相場の読みに迷いを生じてしまうことだってあるかも知れませんよね。
そのような時は焦らず・・・ひと息呼吸おくことです。

リスクコントロールには、何もせず冷静に相場の動向を見守るということも大切なポイントです。
FXは様々な要素で変動するものであり、気まぐれに相場は動きます。
急激なトレンドの反転も珍しいことではないだけに、損失を最小限にすることが利益を増やしFXを続けていけるコツだと思います。

FXをはじめたい! © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.