FXをはじめたい!

FXとバイナリーオプションの違い

25be99321077d527672110e4a7eed382_s

投資商品として人気の高いFX取引とバイナリーオプション。どちらも為替市場を主戦場として行う投資商品です。円高になるか、円安になるか、上がるか、下がるか、シンプルにそれだけを判断し取引を行います。

どちらも株式投資より手軽に始めれることで、投資初心者に人気です。
FXとバイナリーオプションはどんなところが違うのか?

 

取引期間の違い
FXは自身のトレードスタイルによって、または、為替市場の動向によって数分〜数週間、数ヶ月など、取引期間を自分で決めることができます。また、
利益や損失を含んでいる際も自分のタイミングで決済することができます。

バイナリーオプションは業者によって異なりますが、数分〜数時間と長くても24時間以内に取引が終了します。
FXは自分で取引期間を決め、バイナリーオプションは最初から取引期間が決まっており違いがあります。

 

取り扱い通貨の違い
FXの国内業者は30〜50通貨ペアを扱っているところが多く、取り扱い通貨ペアは非常に豊富です。

バイナリーオプションは取り扱い通貨ペアは絞られており、5通貨ペア前後です。
業界大手のGMOクリック証券で、米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドルの5通貨になります。
取り扱い通貨の数でも大きな違いがあります。

 

手数料の違い
FX取引の場合は、手数料がかかります。
業者によっては取引手数料、スプレッドがかかってきます。
業者によっては口座維持のための手数料がかかったりする場合もあります。

バイナリーオプションの場合は取引手数料はかかりません。
FX同様スプレッドはかかります。

 

景気の影響
FXの場合は景気の影響は大きく受けます。景気=為替市場は連動しているためです。
そのため、テクニカル分析などをいくらしていても、1つの経済指標や景気事象で大きく市場が動きます。

バイナリーオプションも為替なので、景気の影響を受けます。
しかし取引時間が短かったり、勝ち負けのルールがあったりするので、FXほど影響は受けず、限定的です。

 

利益
FXの場合は、レバレッジを効かせたりし、自身のタイミングで取引を終えることができます。
バイナリーオプションのようにルールがない分、勝つ可能性も負ける可能性も増えます。大きく勝つこともできます。

バイナリーオプションの場合は、勝つにしても負けるにしても金額が分かった状態で勝負します。
その為、想定より損失を負ったりすることはありません。
ただし、勝った時と負けた時の業者のペイアウト倍率が異なります。
そのため、バイナリー取引は投資金1000円で、負けたら1000円損失、勝ったら800円利益、のように勝って得る金額の方が少ないようになっています。

 

損失
FXの場合は、レバレッジを効かせて取引をする場合もありますので、大きく損失を負う可能性があります。
また、チャートを見ていない間に大きく為替市場が動きロスカットなどになる可能性もあります。

バイナリーオプションの場合は、どれだけ為替市場が動いても、勝ち負けの金額が取引時にきまっているため、それ以上に負けることはありません。

 

初心者の方はFXから始めるのがおすすめ
FXとバイナリーオプションの違いを比べた場合、どちらも一長一短ありますが、為替市場で取引を行うことは変わりありません。
バイナリーオプションはハイ・ローやレンジ、ワンタッチなど、簡単に当てることができそうに感じますが、やはり相場の知識が必要です。

初心者の方であれば、まずは少額でFXを始め、分析の仕方やチャートの見方、取引の仕方、通貨ペアの特徴、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、、、など、為替市場での取引・投資に慣れてからバイナリーオプションをやった方が良いでしょう。

バイナリーオプションは勝った場合、業者に多く手数料が取られますので、かなり高い勝率でないと結果損失の方が大きくなってしまいます。
どちらの取引をするにしろ、リスクを最小化するために少額で始めましょう!

FXをはじめたい! © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.