FXをはじめたい!

ロスカットの重要性と基準値

l_113

FX(外国為替証拠金取引)には、ロスカット・ルールという制度があります。これは、大きな損失から資金を守るための制度で、投資家・顧客を守るためのものです。

どのような状態でロスカットの決済対象となり強制的に決済注文が入り、各業者の水準は?
など、FX取引を行ううえで、必ず知っておいた方が良いことです。

 

ロスカットとは
急な為替市場・為替レートの変化などにより、注文し保持しているポジションの評価損が一定値に達した際に、それ以上の損失の拡大を防ぐために、強制的に売買を終了する決済をすることです。
FX投資が人気が出た当初に多額の損失を負い破産する人が続出したため、非常時でもお客様の資産を守るためにロスカット・ルールが各FX業者に設けられるようになりました。
ロスカット・ルールがあるからといって元本が保証される訳ではありませんが、預けている資金の内、最低限は残すことができます。

ロスカットになるもっと前段階で、各自投資のルールを定め適切に損切り注文ができれば良いのですが、急激な変化の際はそれすらできないこともあります。
ロスカットの執行に近付いた場合は、証拠金不足発生の可能性からマージンコールと言われるお知らせがあります。
証拠金不足の状態ですので、追加で証拠金を入金し、基準の必要保証金額に達し、証拠金維持率も基準値になれば、ロスカット対象からは外れます。

 

 

ロスカットの重要性
為替相場は各国の経済指標や景気、情勢などに大きく影響を受けます。
テロが起きるだけで、その国の株や通貨のが売られたりします。
常にチャート・レートを見れるのであれば、どのような急騰・急落の相場にも対応することができますが、24時間取引されているFXではそれは現実的に難しいものがあります。

人気の通貨ペアの米ドル円でも、年に数回大きな動きがあります。
夜中の間に大きく為替市場が動いた場合や、仕事の間に大きな事象が起こった場合など、そういった突発した為替の動きがあります。
その際には利益を得るばかりではありません。大きく損失を負うことも多くあります。

ポジションを持っている場合はレバレッジに限らず含み損を抱え証拠金はどんどん圧縮していきます。
レバレッジと証拠金によっては、1日で数百万や数千万の評価損・損失を負う可能性もあります。
源に、急激な為替相場の変化によって、破産している人も少なくありません。

ロスカット・ルールがあることにより、全てのが資金を守ることはできませんが、強制決済され、最低限の資金は手元に残すことができます。証拠金不足により、既存ポジションの取引終了となりますが、安心してFXに取り組むための制度でもあります。
また、状況によって不足額分証拠金を入金することで、取引対象となり取引開始することができます。

 

ロスカットの基準値
各FX業者によりロスカット値が異なります。
GMOクリック証券は時価評価総額が必要証拠金額の50%未満・証拠金額維持率が50%未満の場合ロスカット対象となります。

外為どっとコムの場合は、有効比率が100%を下回った際にロスカット対象となります。DMMFXの場合は、証拠金維持率が50%を下回るとロスカット対象となります。

ヒロセ通商は、証拠金維持率が100%、外為ジャパンは証拠金維持率が60%、マネーパートナーズは証拠金維持率が40%、を下回るとロスカットされます。

また、マネックスFXや楽天FXのようにレバレッジによってロスカット水準を自分で設定することをできるようにしている場合も多いです。自動売買システムの場合も同様です。

FX業者によってロスカットの基準値は異なりますが、大抵、証拠金維持率が100%を下回った時点で多くの業者がロスカットを執行しています。
「もっと取引したかった」という人も多いかもしれませんが、リスク管理という意味では安心できる水準となっています。

また、海外のFX業者の場合は、ロスカットの水準も低く、5%程度にならないとロスカット執行されない業者などもあります。
海外業者は概ね証拠金維持率が5%〜50%でロスカットをするようになっています。

 

ロスカット水準が高いところを選ぼう!
初心者に限らずロスカット水準は極力高いとろこの方が安心です。

ロスカット水準が低いことでさらに取引を行うこと・楽しむこともできますが、そこまで含み損を抱えている時点で冷静な判断ができない状況である場合が多いです。
誘惑に負けずに早くロスカットしてくれるところを選択すべきです。
ロスカット水準で使う業者を決めて口座開設をしても良いでしょう。

利用予定のFX業者のロスカット・ルールについてもしっかりと把握しておきましょう。
また、FX取引する際は、事前に損切りポイントを自分の取引ルール化することち、ストップ注文もしたうえで取引行為も行うようにしましょう。

FXをはじめたい! © 2013. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.